悩み話すこと重要性

悩み誰かに話すということ

 悩みを誰かに話すことでなぜか心が軽くなったりスッキリとした気分になったことはないでしょうか? 悩みを誰かに話すということは言葉にすることで自分が何でどのように悩んでいてどうしたいのかなどが明確になるため自分自身を改めて理解することができます。

 悩んでいる人の多くは、実は何で自分が本当に困っているのか、何を解決したいと思っているのか分かっていないのです。更に、そのわかっていないという状態が気が付かないところで得体の知れない不安や恐怖そして焦りなどを招いていることもあります。

 誰かに話すことで自分自身への理解が深まり本当の問題や悩みに対する対処方法が見えてきたり悩みに対しての捉え方を変えたりすることもできます。更に自分では気づけなかったことを相手が見つけてくれることもあります。

 悩みを自分自身だけで抱えていると頭のなかは常にその悩みの原因になった嫌な出来事や言葉などが無意識のうちに繰り返されその都度、その過去の嫌な体験を再体験してしまいます。 再体験を繰り返すほど心は重くなり重症化してしまいます。 そうなる前に誰かに冷静に悩みを語ることで客観的に自分を見つめることはとても大切です。

 また、悩みを誰かに話したり相談するということは決して恥ずかしいことではありません。人はもともとたくさんのことを悩み考える生き物です。多くの悩みを抱えたり多くの問題に苦しめられるということは人としてダメだからではなく人としてより豊かであるからだともいえるのす。特に女性の場合は心が美しい、繊細、お人よし、思いやりがあるなどの特徴がつよい人に多くの苦難があるようです。

 悩みを話すことは大切です

 

悩み話す相手選ぶ

 実際に悩みを誰かに聞いてもらいたいと思ったとき誰に聞いてもらうのがいいのでしょうか。真剣な話、重要な話であればあるほど誰でもいいわけではありません。

 悩みを誰かに話す場合、誰に話すか相手を選ぶことはとても重要です。 日頃から噂話が好きな人や口が軽い人、プラス思考・マイナス思考の偏りがあるひとなどは避けた方がいいでしょう。 悩みの内容のよっては上下関係のない相手や身近すぎない相手がいいこともあります。

 ただ、話を聞いてもらいたいときは身近な友達などでもいいと思いますが話すことで何かしらのアドバイスが欲しい時や解決の糸口を見つけたいときは話す相手の性格や利害関係の有無、持ってるスキル人生経験の豊富さなども考慮したうえで相談相手を選ぶことがいいでしょう。

 信頼がおける人柄をベースに上記のことを考慮してみることをおすすめします。

 

 また、実際に悩みを相談してみたとき相談相手から真剣に聞いてもらえていない感じや興味本意、意見の押し付けなどを感じたら途中でも話を切り上げてしまいましょう。更に悩みが増えることになってしまいます。

 

悩み話す相手見当たらないときは

 心のカフェテリアでは秘密厳守のもとお悩みの相談をさせていたただいております。 相談者さまの気持ちを第一にお力になるよう心かけております。

 一人で悩みを抱えずにぜひ、思いを言葉にだし自分自身の理解を深め悩みの解決に向けた一歩を踏み出してみてください。

お問合せ・ご相談はこちら

電話でのお問合せ・ご相談はこちら

090-5537-0448

このお電話は相談者様専用の番号になっております。
営業等でのご連絡はご遠慮ください。
非通知・通知不可能によるお電話からの応対はしておりません。 ご注意ください。

営業時間
9:00~20:00

女性専門心理カウンセリング 【心の・カフェテリア】

代表の鈴木 紀美江です。 様々なお悩みや心の問題に丁寧なカウンセリングを心かけています。些細なことなどでもどうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

取扱サービス

女性専門心理カウンセリング

営業時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受付しております。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

090-5537-0448

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 *相談者様専用の電話になっております。営業等でのご連絡はご遠慮ください。また、非通知・公衆電話からの対応はしておりません。

お客さまの声

20代女性 Aさま

女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

40代女性 Yさま

長年悩んでいましたが、女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんに出会ってスッキリ解決しました。ありがとうございました!