心理療法とは

心理療法について

心理療法とは心の健康を維持したり回復させるために教示・対話・訓練などを通し認知と行動に変容をもたらす技法のことで、一般的に心理学では「心理療法」医学においては「精神療法」の呼称が用いられています。

カウンセリングで悩みの解決の支援をしていくなかで心理療法は必要になってきます。

 

心理療法メニュー

心理療法には様々な特徴をもった技法が数多くあります。

【心のカフェテリア】にて実際に用いている心理療法をご紹介致します。

  ・来談者中心療法
  ・解決志向ブリーフセラピー
  ・フォーカシング
  ・NLP(神経言語プログラミング)
  ・イメージワーク

来談者中心療法

 

 クライエント中心療法、または非指示的療法とも呼ばれ来談者(クライエント)が中心であり
 カウンセラーは「脇役」として傾聴を重視し「聞き役」に徹します。

 心理療法家のカール・ロジャースにより創始された療法であり、問題を正しく診断し理解する力を持っているのは来談者自身であると考えいる。
カウンセラーは来談者の体験に心を寄せ、その体験を尊重することが重要であり何かしらの指示を与える必要はないと提唱し来談者が変化するために必要な条件として ・無条件の肯定的配慮 ・共感的理解 ・自己一致 をあげています。

 人は誰でも成長していく潜在的能力を持っておりその能力を発揮できる状態を引き出すことを目的としたカウンセリングとなります。


 否定されることなく話を聞いてもらいありのままの自分を受け入れてもらうことで自分が安全であると感じ来談者自身が自分自身をありのまま受け入れていくことが出来るようになり自分の考えや感じていることに気付き、成長的な変容が起こることで問題を乗り越え徐々に自身や心の健康を取り戻していきます。

 様々なカウンセリング療法の中でも来談中心療法はそのカウンセラーの態度や信頼感が大切だとされています。

解決志向ブリーフセラピー

 相談者(クライエント)とカウンセラーが協力し短期間で効率的に問題解決を目指します。

ミルトン・エリクソン医学博士の治療実践に啓発をうけて作られた心理療法で「短期療法」と訳されていて問題の原因追究に焦点を当てるのではなく相談者(クライエント)の持っているリソ-ス(資源・資質)を見つけ出し未来の解決像(どうなりたいのか・解決後どうなっているのか)を構築していきます。

 「小さな変化は大きな変化を生み出す」をもとに3大前提として

・うまくいっているなら、変えようとするな
・1度でもうまくいったなら、また実行せよ
・うまくいかなかったなら、違うことをせよ

と掲げられていて相談者(クライエント)が今すでにできていることや良い面・得意なこと・肯定的な面に注目するという特徴から相談者(クライエント)は勇気付けられ、希望を持ち解決に向かって短期間で変化を得ることができます。

フォーカシング

 体の感覚を通じて心の声を訊き、今ある感情をコントロールするのではなく寄り添います。

ユージン・ジェドリアン(臨床心理学者)によって創始され、フォーカシングは「焦点を当てる」というとこらからきています。

   自分の中のある漠然とした感じや感覚に注意を向け、自分はいまどんなふうにいるのか、何を感じ、
 何を必要としているのかなど自分の状況や問題を知り、その問題との関係を質的に変化させていきます。
   

感情を無理やりコントロールしようとせずただ寄り添うことも大切なのです。

NLP(神経言語プログラミング)

 思い込み、思考パターンや行動を変える辛い過去の体験やトラウマの記憶の書き換えコミュニケーション能力の向上・自己コミュニケーション


リチャード・バンドラーとジョン・グリンダーの2人の創始者から誕生し、神経(五感)や言語から入力された思考や行動パターンはコンピューターのプログラミング同様、書き換えが可能であるということからNLP(神経言語プログラミング)と名付けられています。

 

 人が様々な体験や経験を五感を通じて記憶していくことの繰り返しで無意識のうちに構築されている特定の思い込みや思考のパターンなどを実証済で効果的な手法を用いることにより望む結果や状態を手に入れやすくします。

 

 コミュニケーションや自己の潜在能力の発揮に活かされており多くの著名人やスポーツ選手などもNLPを活用しています。

 

 

                                                         

イメージワーク

イメージから発せられるメッセージを受け取り問題を解決を見出していくワークです。

現在の自分を動物・植物・物などに例えてイメージすることで問題解決の糸口を見つけ出します。
イメージは問題点を象徴した姿をしているのでイメージを客観視することで抱えている問題の解決策を知ることができます。
また、イメージし潜在意識へアプローチすることで本来の自分に気付くことや自己探求もできます。

お問合せ・ご相談はこちら

電話でのお問合せ・ご相談はこちら

090-5537-0448

このお電話は相談者様専用の番号になっております。
営業等でのご連絡はご遠慮ください。
非通知・通知不可能によるお電話からの応対はしておりません。 ご注意ください。

営業時間
9:00~20:00

女性専門心理カウンセリング 【心の・カフェテリア】

代表の鈴木 紀美江です。 様々なお悩みや心の問題に丁寧なカウンセリングを心かけています。些細なことなどでもどうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

取扱サービス

女性専門心理カウンセリング

営業時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受付しております。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

090-5537-0448

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 *相談者様専用の電話になっております。営業等でのご連絡はご遠慮ください。また、非通知・公衆電話からの対応はしておりません。

お客さまの声

20代女性 Aさま

女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

40代女性 Yさま

長年悩んでいましたが、女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんに出会ってスッキリ解決しました。ありがとうございました!