トラウマ

トラウマとは

 日常生活のなかでおこるトラブルや問題で普段とっている対処方法では乗り越えることができない辛い経験によって心に強い恐怖感や何もできなかった無力感などに襲われ心の傷となり抱えたものをトラウマと言います。

 一般的には一時的なもので時間が経つにつれ薄れていくので、感じ方が変化したりなくなっていくのですが、いつまでも心から消えることな苦しめられます。

トラウマの背景

 原因として自然災害・いじめ・虐待・事故・暴力・病気・大切な人の死などがあります。また、トラウマを抱えると心身の不調なども生じ身体においては食欲不振・不眠・頭痛・吐き気やめまい・かゆみなど様々です。心においては恐怖・孤独・イライラ・自責・無気力などがあります。

 トラウマは時間の経過では癒えないものが多く長期にわたり影響し普段は元気に生活しているようにみえても何かのきっかけでフラシュバックを繰りかえしたり突然調子が悪くなったりします。

 原因となる出来事が起こってからトラウマなどにより1か月以上にわたり日常生活に支障をきたす程度の苦痛が続くとPTSD(心的外傷後ストレス障害)と診断されます。

トラウマから解放されるには

 トラウマから解放されるためにはトラウマになったもとの体験を誰かに打ち明けることが重要なスッテップになります。勿論、誰でもいいということでなく信頼できる安心して話せる相手でないと逆にさらに傷つき症状が悪化してしまうので注意が必要です。

 トラウマについて誰かと語り安全・安心感を得、自責の念を解放し責任を外に向け自分自身の自信を取り戻すことが大切です。

 信頼できる人から安心感をもらう

 自分には安全な場所や安心できる人がいるという確信によって傷が癒えていきます。

心のカフェテリアが安全な場所と秘密厳守のもと安心して語ることができる環境をご提供させていたただきます。

PTSD(心的外傷後ストレス障害)について

 PTSD(心的外傷後ストレス障害)にはいくつかの症状があります。

再体験症状

 辛い体験や記憶のトラウマが突然思い出され、まさにもう一度、トラウマの現象が現実に起きているかのような体験をします。

 体験を引き起こす原因になったことに触れたり、思い出したりしたときに情緒が不安定になります。

回避

 トラウマとなった出来事や物、人、場所などを避けようとします。

 本来、危険でない物や場所などまでにも危険を感じ避けてしまう為、トラウマ体験以前より生活が制限され生きずらくなります。

認知の歪み

 トラウマを体験することにより周りの物や人、環境などに対する考え方や感じ方に変化が生じます。感情や感覚が麻痺してしまうこともあります。

 辛い記憶に苦しむことを避ける為に家族や友人などに対してもそれまで持っていた感情や愛情を感じたれなくなったり人に心を許すことが出来なくなってしまいます。

お問合せ・ご相談はこちら

電話でのお問合せ・ご相談はこちら

090-5537-0448

このお電話は相談者様専用の番号になっております。
営業等でのご連絡はご遠慮ください。
非通知・通知不可能によるお電話からの応対はしておりません。 ご注意ください。

営業時間
9:00~20:00

女性専門心理カウンセリング 【心の・カフェテリア】

代表の鈴木 紀美江です。 様々なお悩みや心の問題に丁寧なカウンセリングを心かけています。些細なことなどでもどうぞお気軽にお問合せ・ご相談ください。

取扱サービス

女性専門心理カウンセリング

営業時間

9:00~20:00
フォームでのお問合せは24時間受付しております。

お問合せ・ご相談

お電話でのお問合せ・ご相談

090-5537-0448

フォームでのお問合せは24時間受け付けております。お気軽にご連絡ください。
 *相談者様専用の電話になっております。営業等でのご連絡はご遠慮ください。また、非通知・公衆電話からの対応はしておりません。

お客さまの声

20代女性 Aさま

女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんには丁寧に対応していただき、安心して利用できました。

40代女性 Yさま

長年悩んでいましたが、女性専門心理カウンセリング 心のカフェテリアさんに出会ってスッキリ解決しました。ありがとうございました!